HOME>my Hobbies! > RC:TRF201>Transpeed 9.5T メンテナンス

Transpeed 9.5T メンテナンス ▽

Transpeed 9.5T メンテナンス A
好調の兆しが見えたTRF201。全体メンテの前にモーターメンテ。

Transpeedは、缶に穴がたくさんあいているので、砂埃を吸い寄せます。砂鉄も吸い寄せるでしょう。とくにTRF201などの2WDに搭載する場合はほとんどむき出しなのでモーター内部は砂だらけのはず。マニュアルに従って、2mmビスを外し、エンドカバーをピンセットで写真のようにコジってはずす。Novakの時とは違い、ビスが1.5mmなので、使い慣れたミリ工具で臨めるところがいいです。

Transpeed 9.5T メンテナンス B
まずは前部ハウジング側、こんな具合です。中からシムが出てきました。シムやOリングはとりあえず外します。さらにローターも外しておきます。強力な磁力。
Transpeed 9.5T メンテナンス E
前部ハウジングをブラッシング。砂埃を落として、ベアリングにメタルオイル注油後、余分な油を綿棒で拭き取ります。ベアリングリムーバー、あれば外すんですがないのでそのまま。
Transpeed 9.5T メンテナンス C
ローターを外したエンドカバー側のベアリング[中央]。ただ、砂埃も大量に付着しておりましたのでブラッシング。中央ベアリング部分にメタルオイルを注油。余分な油を綿棒で拭き取り、ローターを戻します。
Transpeed 9.5T メンテナンス D
強力な磁力でベアリングの穴にローターがなかなか刺さりませんが、ローターの中心の穴にピンセットや、ディバイダーなどを引っ掛けて、強引に中央にあわせつつグイッと缶ごと押し込みます。
Transpeed 9.5T メンテナンス F
進角調整パーツも一旦外してクリーニング。分解してふと思ったけど、初期進角0じゃない。+10か-10のようですが、特に記載はなかったので、マニュアルでしか判断できません。分解前の写真マニュアルの取り付け図とを見比べてみると、○○○○印が-10の目印とありますが、マニュアルの取り付け方だと、目印がエンドカバーから見えない。さらに写真で撮っていた初期位置と反対の角度。にもかかわらず、推奨は-10。察するに、初期進角は推奨の-10、マニュアルの取り付け図のミスというか+5以上への変更方法を示した図?変更する人にとってはわかりやすいのかな?自分にはわかりずらい。エンドカバー側に推奨値の○○○○印が見える方がいいのになぁと思います。-10にする方法が書かれている訳ではないのでミスでないといえばミスでなし。どっちにしろ、アンプ設定も含めて調子がいいので変更前と同様の見た目(分解前の写真の角度)となるようにしました。これでモーターはメンテナンス完了。次からはこの記事をメモ代わりにメンテナンスしよう。

Transpeed 9.5T, トランスピード, ベアリング

PREVTranspeed 9.5T メンテナンスNEXT