HOME>my Hobbies! > RC:DB01>DB01 May 20, 2011

DB01 May 20, 2011 ▽

DB01のメンテナンス A
時間的にも余裕があったのでこれは明日はサーキットだなと思い立って、金曜の夜にあわててメンテナンス。

夏はパワーソースへの高温負担、冬は回復しにくい路面状態。5月はRCオフロードサーキットにとって、1年でもっともいい季節なんじゃないかと勝手に思っていて、22日(日)は雨予報だし、来週も雨っぽい、かみさんも明日ならついていってもいいよといってくれたこともあり、急にメンテやる気が出てきて取り組みました。センターバルクオープン、砂埃凄し。
DB01のメンテナンス B
ローマウントウイングぼろぼろ。さすがに前日の夜からウイング切り出すのも面倒。他に基本的なメンテナンスができていないので、TRF201に使っていたウイングで代用。雑誌にもTRF201ラウンド系が勧められてたし、どうもリアグリップが足らない感があったので、いいかなと思いまして。
DB01のメンテナンス D
完全にばらしての組み直し。サーキット走行の後はたいてい全バラメンテナンスです。ダンパーとデフの調整くらいですんだらいいんですけど、気分的にばらしたくなってしまいます。あれ?!というトラブルの発見もままあります。それに前回はたくさんのトラブルと応急処置でマシン状態は良くないはずなので、一旦フリダシのつもりでメンテナンスです。2ヶ月ぶりですしね。。
DB01のメンテナンス C
でも実は、デフは今回ほったらかし。DB01ユーザーの皆さんならやっておられると思いますが、TRF501のデフジョイントとお手製プロテクションシールです。自分はインクジェットのシール用紙に二十丸を描いたものをプリントしてサークルカッターで切りまくって保存してます。シール面のメモを見ると、2010年6月19日。。一年近し。F36T/R37Tの俗にいう前カキ仕様です。まあまあ滑らかだったのでこのままGOです。中は見ません。。
DB01のメンテナンス E
今回は底面スパー下の小さなパーツの穴を塞いでなかったので、砂埃がすごいですが、普段はこんなことはありません。それは、ベルトテンショナ−にこのように両面テープを巻いているおかげです。さらに写真を撮り忘れてますが、ベルト内側のカバー(台形の帯パーツ)にも1mmほどにカットした両面テープで防塵しています。自分のDB01の防塵は全部で7カ所。ベルトテンショナーF,R(両面テープ)/ベルトカバーF,R(両面テープ)/シャーシ底面スパー下(アルミグラステープorシューグー)/バックラッシュ調整穴(アルミグラステープ)/モーターマウントバッテリー側スパー軸受け(アルミグラステープ)
DB01のメンテナンス F
ダンパーメンテナンス。オイル漏れの疑いあり。でもパーツもないので脱脂してそのまま組みます。迷いに迷って今回オイルはF:アソシ35(アウタースペーサー2mm)/R:タミヤ25(インナースペーサー2mm)オーリングは前回から使い回し、KOSE。
DB01のメンテナンス G
いい感じになったような気がします。引きダンパーで作っています。作り方はネットなどでも色々調べました。あらかじめ蓋底面のガイドに従って1.5mmの穴をあけておき、オイルをシリンダーと蓋にたっぷり入れてから、素早く閉め、1.5mmビスを抜きながらビス穴を上向きにして、ピストンをゆっくり押し込みオイルと空気を抜いていき、ピストンを押し込んだ状態で、1.5mmビスを締め直します。オイルを入れてから気泡が抜けるまでしっかりと待つと仕上がりがいい感じです。そのためにも安物でもいいのでダンパースタンドがあるといいと思います。
DB01のメンテナンス H
なんとかメンテナンス終了したので明日に備えて少し寝ます。といったところです。

DB01, メンテナンス

PREVDB01 May 20, 2011NEXT